穴井夕子とibaraki1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

瀬島龍三関係ネタ発見! 韓日の密使として活躍した瀬島龍三さん死去

最新youtube情報はこちらもお勧め。



九一歳の人生論
 旧日本軍の大本営参謀を務め、シベリアに抑留された後、日本の政財界の実力者になり、1980年代に韓日間の密使としても活躍した瀬島龍三・元伊藤忠商事会長が4日、95歳で死去した。 戦後日本復興の「生き証人」といわれる瀬島氏の人生は、韓国でも翻訳されベストセラーになった山崎豊子氏の小説『不毛地帯』のモデルにもなっている。瀬島氏は富山県の貧しい農家に生まれ、1938年に陸軍大学校を首席で卒業、太平洋戦争期間中は旧日本軍の最高司令部である大本営参謀として「ガダルカナル撤収作戦」などほとんどの主要作戦立案にかかわった。関東軍参謀として満州(現:中国東北部)で敗戦を迎えた瀬島氏は、ソ連軍に戦犯として捕らえられ、シベリアで11年間にわたり過酷な強制労働を強いられながらも生き残った。
最新瀬島龍三情報は・・・頭角の現わし方

このときの経験がその後の活動の原動力になったといわれている。 56年に帰国した瀬島氏は58年、当時は中小規模の繊維商社だった伊藤忠商事に入社した。業務部長を皮切りに実力を発揮、副社長から副会長を経て入社20年後の78年から10年間、会長を務めた後、2000年6月に特別顧問を最後に引退した。瀬島氏はかつて大本営参謀を務めた経験を生かした組織を会社にも取り入れ、自ら参謀組織の責任者として全世界を舞台に情報を収集、繊維輸出会社にすぎなかった伊藤忠を日本最大の総合商社に押し上げた...ニュースの続きを読む
(引用 livedoorニュース)



今日見つけたyoutube動画

勉強になるなぁ・・・_〆(^‥^ )~カキカキ

ellamelevanto


lucianoligabueaderiscealvday


ufcvspridefreeonspiketonight


progressiniraq


novakdjokovicimitator






ちょっと 瀬島龍三をしらべてみました



今日の気になる他のキーワード
鈴木京香
アクアクララ
ホンダ
中川翔子
田中正造
横浜中華街
北海道マラソン
成田空港
LPGA
ゲキレンジャー



タグ:

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。